車高を下げるには?


車高を下げる方法には、2種類あります。

1つ目は、サスペンション(スプリング)を変える事です。
これは、とても一般的な方法で、皆さんがやっています。
昔はノーマルのサスをノコで切ってサスを短くする事で車高を下げたりもしました。
この方法だと、ジャッキアップ(車を持ち上げたとき)すると、サスが遊んでしまい(ガタガタする)
車検が通らなくなってしまいます。
今は、各車種専用のサス(サスペンションの事を略してサスと呼ぶ)が色々なメーカーから出ているので
それを装着する事で、安全&確実に車高を下げる事が出来ます。
しかし、同じ車でも、そのグレードや駆動方式などにより、サスが異なる為、
"出ていない(売っていない)"物もあります。
たとえば、ウイングロードY11(現行型)の場合、1.5L用のサスは出ているけれど、2WD(FF)専用で
4WDは装着できない、などがあるのです。

サス交換の良いところは、手軽に(安く)できる事です。
定価は各メーカーで若干違いますが、大体1本1万円位で、4本セット(前後左右)で4〜5万円位です。
カーショップなどでは、普通定価の半額位で売っているので、実際はセットで2〜3万円位です。
これプラス装着料金として2万円前後の工賃がかかります。自分でやってみるのも良いですが、
そのときは、スプリングコンプレッサーなど専用の工具と知識が必要になります。
普通の人なら、カーショップに任せたのが賢明だと思います。
また、サスのみの交換で悪いところは、乗り心地が悪くなる事です。ダウンサスはノーマルサスより
バネレート(硬さ)が20%〜30%位上がっている為、仕方が無いところですが、普通の人では
ノーマルの時より若干硬くなったかな?位で、凄く乗り心地が悪いとは思わないでしょう。

2つ目は、ショックアブソーバー(ダンパー)を変える事です。
これだけを取り替えている人はあまりいません。
ショック(ショックアブソーバーの事を略してショックと呼ぶ)には、ノーマルストロークとショートストロークが
あります。ストロークとは軸(真中の棒)の動く(伸び縮み)量の事で、ショートストロークとは、
この伸び縮みの量が少ないショックの事です。
ノーマルストロークのショックを入れても、伸び縮みの量がノーマル(純正)と同じ為、ほとんど車高は
変わりませんが、ショートストロークは、ストロークが短くなった分車高が下がります。
サスはノーマルでもショックがショートだと、短い方に車高が合うため、車高は下がります。

ショック交換の良いところは、ノーマルより動きが良くなる為、乗り心地がマイルドになる事です。
しかし、たいていのショックはノーマルのサスとの組み合わせを前提にしていない為、逆にノーマルの
サスと合わせて使用すると、乗り心地が悪くなることがほとんどです。
減衰力(伸び縮みするのに必要な力の加減)が高いと、バネレートが高いサスを入れないと、逆に
突き上げが高くなり、ポンポン跳ねる感じになります。
また、ショック交換での悪いところは、価格が高い事と、対応車種が少ない事です。
ショートストロークのショックは安くて1本2万位からですが、確実に車高が落ちるサスと比べ若干割高
な事です。しかも対応車種が限られていて、スカイラインなどのスポーツカーは沢山出ていますが、
ウイングロードなどになると、あまり出ていないのです。ウイングロードの場合Y10(FF)でKYBから
NEW SR SPECIALが出ているみたいですが、Y11は今のところ出ていないみたいです。
Y11の4WD(WHNY11)用のKYB NEW SR SPECIALが発売になりました♪

理想の車高の下げ方
本当はサスとショックを同時に交換するのが、乗り心地、性能等を見てもとても理想的なのですが、
なにぶん両方だとお金がかかるという事です。
しかし、両方交換する事が一番でしょう。

ウイングロード用は出ていないですが、車高調整式サスペンションと言う物もあります。
これは、ショックにサスの位置を変えるマウント部(受け皿)を動かし(ねじ式やCリング式等がある)
車高を自分の思うまま上げ下げできる優れものです。
夏場はペタペタに車高を下げて、冬にスキーに行くときや車検の時などは車高を上げる事が出来ます。
昔は20万以上していましたが、最近ではTEIN等から10万位のが出ています。
ウイングロード用出てくれないですかね〜(T_T)

サスを交換しても、ショックを交換しても、必ず狂うのがアライメントです。
足回りを交換する事で、装着するときのボルト(ねじ)の締め付け位置・仕方・力加減等や
車高の変化によるタイヤのズレなどで、車体に対し、タイヤのトー・キャンパー・キャスター等が
元の状態と変わってくるのです。これが狂っていると、ハンドルがぶれたり、真っ直ぐ走らない、
タイヤがカタベリする、燃費が悪くなる等の症状が出てきます。
今では、ある程度大きなタイヤショップやカーショップではアライメントの調整ができるようになったので
足回りを交換したら、できればアライメント調整をしたのが良いと思います。
ショップにより、調整価格は違いますが、1万〜2万位です。
ちなみに、Y10の2WDとY11のZVを除く2WDはリアサスペンションがトーションビーム式トリーリングアーム
(リジッド)の為、アライメント調整は出来ません。でも、フロントだけでも調整したのが良い。

とりあえず、車高を下げてかっこよく見せたい人は、サス交換をして、出きればアライメント調整を
すればOKですね。(^o^)/